top of page

東京豊洲の自家焙煎コーヒーと出来立てサンドイッチが楽しめる「ロースター本店」が、サステナビリティ推進でコーヒーカップのリッドを完全紙製にリニューアル。



こんにちは、広報の坂本です。



ノンピが運営する、東京豊洲の自家焙煎コーヒーのカフェ「ロースター本店」で、従来のプラスチック製カップのリッド(蓋)を紙製の素材に変更したことをお知らせします。



環境省が2030年までの数値目標として「使い捨てプラ排出量の25%削減」を掲げており、それに伴うサステナビリティな環境対策として本店舗は2019年より「脱プラ」を始動(*1)させ、より環境に配慮したサステナビリティな店舗運営を心がけておりました。既にコーヒーカップ本体はホット・アイス共に紙製カップへの仕様変更をしておりましたが、今回のリニューアルでリッド(蓋)も紙製へと変更になりました。飲み口を上部に差し込み、固定することで飲むことができます。


今後も、ロースター本店及び運営会社ノンピでは、プラスチック削減や環境共生の取り組みを推進し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。




紙製カップ使用のメリット


■プラスチック製から紙製のカップへ切り替えることで、樹脂使用量約93%削減、CO2排出量を約63%削減(*2)できます。


■両面ラミネート仕様なのでコールド飲料使用時の結露による強度劣化を大幅に改善できます。


■外面ラミネートを発泡させているため、断熱性が高く、カップスリーブ等を使用しなくても、持った際の熱さを軽減できます。


■ホット&コールドで資材を統一することで取扱いアイテム数を減らし、オペレーションの効率化にも期待できます。



*2) 国内メーカー製品(容量275cc)での比較データ


ロースター本店(店舗情報)

店舗名 :ロースター本店


住所 :東京都江東区豊洲3-2-20-1F


営業時間:7:00-20:00


アクセス:東京メトロ 有楽町線 豊洲駅1C出口より徒歩10秒


ロースター公式サイト:https://www.rostar.jp/




ロースター本店は、豊洲のオフィスビルが多く並ぶ立地にあることから、朝の出社前や同僚とランチ終わりに、退勤後の自分時間のお供に、など一日を通して多くのお客様がご来店される自家焙煎コーヒーが人気のカフェです。コロナ対策が緩和されて出社率の増加と共に、コーヒーの販売数(*1)は前年同月比1.5倍へと伸びております。常連のお客様の中には1日5回利用するオフィスワーカーもいるほど、ご好評頂いております。


(*1)ホットコーヒーとアイスコーヒーの販売数



こだわりの自家焙煎コーヒー


ロースター本店で提供するコーヒーは、全て新木場(東京都江東区)の自社焙煎工場で焙煎しています。


生豆は、世界各地のコーヒー生産地よりその年の新しい収穫豆(ニュークロップ)を厳選し使用し、高品質なだけではなく、年間を通してブレのない味わいがお届けできる様に、安定供給が可能な優良産地を選定しております。また、有機栽培や生産環境の向上、自然環境保全などSDGsにも様々な角度から配慮し、美味しさと国際貢献の両立を目指し日々社内在籍のコーヒー鑑定士が品質を管理しています。


そして、焼き豆は焙煎温度や仕上げ時間などの数値データだけでなく、色調・質感・音・香りなど焙煎士の五感もフル活用し、厳しい基準をクリアした2週間以内に焙煎した鮮度の良い豆だけを使用することにこだわっています。



約2年ぶりの新メニュー「バインミーガー」好評発売中!!!!



今夏の新メニューとして約2年ぶりに新登場したサンドイッチ「バインミーガー」は暑い季節にぴったり!鶏肉とたっぷり野菜が爽やかなベトナム風サンドイッチです。ベトナムのストリートフード「バインミー」をロースター風にアレンジしました!パクチーやエスニックな味わいのグリルチキン、シャキシャキ食感を残した野菜や全体を〆るレモンがポイント。さっぱり爽やかなサンドイッチで、食欲が落ちる暑い季節を乗り切りましょう!




==================



豊洲駅1C出口から徒歩10秒の「ロースター本店」で


素敵なカフェタイムをお過ごしください。


ご来店お待ちしております。

Commentaires

Les commentaires n'ont pas pu être chargés.
Il semble qu'un problème technique est survenu. Veuillez essayer de vous reconnecter ou d'actualiser la page.
bottom of page