%

トピックス&ニュース

TOPICS&NEWS

BACK

2019.10.11

TOPICS

社員インタビュー!大手企業からノンピに転職〜スーパー事務 石本楓さん〜

こんにちは〜!広報の坂本です。

今回は、”ノンピってどんな人が働いているの?” をご紹介!

社員紹介 〜第2弾〜
LC(ランチケータリング)事業部・社内レストラン事業部 管轄
アカウントアシスタント 石本楓さん

大手企業とベンチャー企業について
インタビューに答えてくれました!

今回、インタビューを快く引き受けてくれた石本さん

〈プロフィール〉
◆名前:石本楓
◆入社日:2019/4/15
◆所属部署:LC事業部・社内レストラン事業部管轄AA(アカウントアシスタント)
◆出身地:北海道

◇好きな映画 :ジブリシリーズ。名古屋にあるサツキとメイの家に行きたい!
◇休日の過ごし方:友人と山手線ルーレット旅(ルーレットが指した駅に行く)




Q.ノンピに入社した理由は?


坂本〉では、さっそくの質問ですが、転職でノンピを選んだ理由教えてください。

石本〉営業事務の仕事がしたいと思っていて、転職活動をしていました。
業界問わず、とにかく事業内容がおもしろそうなところを求人で探しました。
ここは結構大事にしていた、軸です。

私は元々食べることが好きで、食には興味がありました。
興味のあることだと夢中になって頑張れるなと思いましたし、沢山ある食の会社の中でも、
ノンピは新しいスタイルの社内レストランを運営していると知り、おもしろそう!と、すぐに興味を持ちました。
そして自分自身が向いているサポート役で活躍したいなと感じました。

坂本〉そうなのですね。あと、石本さんは北海道出身ですよね!
ノンピへの入社で上京したのですか?

石本〉そうです!25年間北海道にいました〜。転職は東京で考えていて、ずっと来たいと思っていました。
田舎でのんびり生活するのもいいですけど、東京に来るのは若いうちの今しかないなって思いました。

年2~3回北海道に帰省。黒アルパカとの2ショット

Q.前職の仕事は?

坂本〉前職は大手企業で働いていたようですが、どんな仕事をしていたのですか?

石本〉大手損害保険会社の代理店営業を3年間。
主に、担当代理店の売上を上げるために、売上管理、代理店への商品知識の勉強会開催、
お客様への提案方法のアドバイス、照会応答など…いろんなことしてました。

坂本〉損害保険会社…お堅い…。前から事務の仕事をしていたのではなかったのですね!
   転職のきっかけは何かあったのですか?

石本〉やっぱり保険営業職は堅かったですね(笑)
知り合いの先輩もいましたし、大手だから認知度も高いし、安定していて待遇も良かったのですが…
仕事内容におもしろさを感じられなかったです。
ノンピのことをいいな!と思ったのと同じで、
事業内容のおもしろさや仕事のおもしろさを感じたいですからね。

Q.前職とノンピとの違いを教えてください。

坂本〉大手の前職と、いわゆるベンチャーのノンピの違いってどこでしょうか?

石本〉営業職と事務職でそもそも仕事内容は違いますが、
前職の場合は、大手だからこそある程度のルールが決まっていました。
だから業務内容の幅は狭いし、目標もピンポイントです。

ノンピは、自分自身で幅広い範囲の課題を見つけてそれを解決するために動くので、
とにかく柔軟。やってみようってチャレンジできます。
「もっと良くならないかな?」「こうした方がいいのでは?」という気付きから課題は生まれてきます。

坂本〉具体的にどんな課題を見つけましたか?

石本〉全く同じ業務をしていた前任がいなかったので、色々な面で課題を見つけられます。
例えば、損益計算書(PL)について拠点別の数値の差があまりにも大きすぎる事に
「なんでこんなことが起きているのか?」を考えました。
すると見えてきたのは、入力フォームのルールや提出期限の不明確さ等という根本的な原因でした。

とにかく仕組化できていなかったので、「もっとこうした方がいい」というのが見つけられ、改善方法を考えます。

Q.ベンチャーで働く人に求められることは何でしょうか?

坂本〉前職とノンピを比較して、ベンチャーに求められるものってなんだと思いますか?

石本〉自分の仕事の範囲を、自分で決めないことですかね。
「もっとこうなったらいいのに…でも自分の仕事ではないな〜。」というのは違うということです。
いろんなことに介入して自ら動きたいと思えることだと思います。
そして、結果を出せることです。ガチガチに固められたルールはないから自由度は高いですけど、
その分「一歩でもノンピを成長させることができたのか」という結果は求められると思います。

Q.ノンピスト(ノンピの行動指針)として意識していることは?

坂本〉ノンピストとして1番意識していることはなんですか?

石本〉『百試千改(※1)』です。1つの事を実行する時、準備に注力しすぎると、
準備ばっかりに時間がかかってなかなか前に進まないです。
ある程度の準備は必要ですが、とりあえずやってみよう!ってすぐに実行してみます。
やってみてダメだったらすぐに次を考えればいいです。
元々は準備に時間をかける人でしたが、ノンピの『百試千改』が、自分にあっていることがわかりました。
前職ではできなかったことです。

※1 ノンピスト10の約束『百試千改』:成功の秘訣は成功するまで諦めないこと。どんな素晴らしいアイデアもどんな偉業でも途中で投げ出してしまっては何にもならない。
チャレンジする気持ちを失う事ほど危険なことはない。できるまで何度でもチャレンジし続ける。
コーポレートページ ノンピスト10の約束

Q.ノンピの好きなところは?

坂本〉ノンピの好きなところ、教えて下さい。

石本〉『ひと』ですね!みんな良い人です。ポジティブな人が多い!
まず経営陣がポジティブです。褒め合いますよね。「それいいね!」「頑張ってるね!」って。

坂本〉確かにそうですね!責めたりする言葉を使わない気がしますね。
坂本も前職で経験しましたけど、数字とか何か悪いと責めますよね、だいたい。
(あれって本当に苦しいし、胃が痛い…)

石本〉原因を探ることはするけど、そこには「なんでできなかったんだ!」という感情論はなくて、
「何がだめだったか」の次には常に「今後どうしていくのか」の先を見ていて、
理論的な考え方なのかなと思います。とがめないですよね。

人が良い!楽しいこと大好き!社長、役員も一緒に都内でBBQしました!

Q.今後の目標はありますか?

坂本〉今後の目標について考えていること教えてください。

石本〉とにかく効率化です。社内レストランの店長の事務作業をもっと短縮できる方法を考えて、
他の業務への時間を作ることです。売上を伸ばす方法やお客様のことを考える時間を少しでも増やしてあげたいなって思います。

坂本〉仲間のことを考えているのですね。すばらしい!他には何かありますか?

石本〉今の業務、アカウントアシスタントのプロフェッショナルになりたいですね!!
社内レストランでの研修を経て、現場の実態を把握した上で仕事をしていることは私の強みです。がんばります!

坂本〉おおお〜!いいですね!期待しています!

インタビューを終えて


石本さんは、坂本の5日前にノンピに入社した同期です。
石本さんの活躍は素晴らしく、上長からも絶大な信頼を置かれています。
坂本の2個下の年齢ですが、とてもしっかりしていて頼れる存在です!

石本さんの職種は「営業事務」になりますが、
いわゆる世間一般的にイメージする「事務職」とは少し違うかもしれないですね。
『これだけをやればいい』という狭い考え方や、
同じことを繰り返すような仕事のやり方ではなく、幅広い観点でノンピを成長させてくれています。

石本さん、楽しいインタビューの時間をありがとうございました〜!