top of page

社食の企画/運営ノンピ、森永製菓新本社ビル1階に皆が集まれる「KOMOREBI cafe」をオープン。

芝浦に新たなサードプレイス誕生!社内コミュニケーションやお客様の特別イベントで更なるイノベーションを生む場所へ




「共食」の機会と可能性を世界へ広げるために「新しい共食の在り方」の社会実装に挑戦する会社、株式会社ノンピ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 :上形 秀一郎 以下ノンピ)は、2023年3月18日(月)より森永製菓株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 :太田 栄二郎 以下森永製菓)のオフィスビル内カフェ「KOMOREBI cafe」の運営を開始いたしました。

オフィス移転やリニューアルに、新しい“社食”・“社内カフェ”を。


伊万里の森空間を想像しながら楽しめる限定メニューも登場予定 (商品イメージ)

ノンピは、この度森永製菓のオフィス移転に伴い、本社ビル内カフェ「KOMOREBI cafe」をオープンいたしました。

森永製菓の新オフィスコンセプトである「カクハン(=攪拌、拡販、拡範)」をテーマに社内外様々な利用者がコミュニケーションを取れるカフェにしたいという願いを込めて「KOMOREBI cafe」が完成しました。

森永製菓の取り組みの発信や世界のお客様と繋がり、森永製菓の世界観を体験できる場所にしていく為に、ノンピは森永製菓プロジェクトチームと共創し、カフェメニューやスタッフ制服、備品類の選定からこだわりました。

今後、新商品のサンプリングなどPRの場としても「KOMOREBI cafe」を活用していただき、これまでにない新たなコミュニケーション機会を創出していきます。




ご担当者様コメント

ノンピ運営に決めた理由

決め手となったのは、ノンピさんの柔軟性や安心感です。

自家焙煎コーヒーや軽食等のグランドメニューの他に、当社製品とのコラボメニューを当社社員と一緒に検討し、“共に創っていく”という姿勢に柔軟性を強く感じました。

また、カフェの場所は本社ビル1階の共用部なので、利用者は当社社員だけでなく、来訪されたお客様やテナントとして入居される関係者、近隣にお住まいの方など多岐にわたります。そして、カフェ周辺にはビル来館者向けのソファ席もあり、様々な方が混在するコミュニケーションエリアになります。人々が集まり、新たな「カクハン」拠点へとなっていく為には、臨機応変に対応いただける運営体制が必要となります。打ち合わせを重ねていく中で「ノンピさんなら任せられる」と安心感を持つことが出来ました。

総務部 総務グループ 竹澤 謙介様、原田 佳尚様



コーポレートコミュニケーション部 社会貢献グループ 近田 亜由美様

営業本部 営業戦略部 ECリテールグループ 辰野 香純様


皆の憩いの場となる「KOMOREBI cafe」に込めた想いと今後

以前のオフィスにはカフェやコミュニケーションスペース自体がなかったので、今回のオフィス移転に伴いカフェを新設することにしました。社内外の人たちが集まれる場所として、オフィスコンセプトである【カクハン】をテーマに、皆さんにとって“憩いの場”になってほしいと想いを込めました。また、カフェ名は多数の候補がありましたが、森を連想し、心が落ち着く優しい印象を与える「KOMOREBI cafe」を採用しました。

今後「KOMOREBI cafe」は、森永製菓との新しい接点として、多くの人々に愛されるカフェになってほしいと思っています。


ノンピへの期待

ノンピさんは、準備期間から親身になって要望や意見を聞いてくださり、安心感がありました。これまでのカフェ企画/運営のご経験から適切なアドバイスをいただけたので、知見がない私たちでもスムーズにプロジェクトを進行していくことができました。

イベント時には私たち社員も店頭に立ちお客様と交流したり、社内でメニューコンクールを開いてカフェの新メニュー開発等にも関わったりと様々な企画を考えていますので、これからも一緒に「KOMOREBI cafe」を創っていきたいです。


nonpi Chef’s LUNCH(社食/カフェの企画・運営)

オフィスで働く仲間が自然と集まりたくなるようなコミュニティスペースを作り、人々の良好な人間関係と豊かな生活を創造していくことで笑顔が増え、社員のエンゲージメントや出社率の向上に繋がります。そして、それらを実現させるのが、私たちノンピの“フードコミュニケーションカンパニー”の役割です。



森永製菓株式会社


菓子、食品、冷菓、健康(ゼリー飲料等)の製造、仕入れ及び販売を主要な事業としています。

「森永製菓グループは、世代を超えて愛されるすこやかな食を創造し続け、世界の人々の笑顔を未来につなぎます。」を全ての企業活動の拠り所として、こころとからだをすこやかにする食を創造し、誰もが笑顔で過ごせる持続可能な社会の実現に貢献します。

Comments


bottom of page