top of page

予約困難のベトナムレストラン「An Di(アンディ)」が初挑戦する冷凍食品、1月11日発売!トップシェフコラボのフローズンミール定期配送nonpi A.R.U.と共同開発



現役ミシュランシェフを含むトップシェフがコラボしたフローズンミール定期配送「nonpi A.R.U.」と、モダンベトナムレストラン「An Di」のコラボメニューを発売しました。



商品は(一部地域を除く)全国配送可能なため、どこにいても手軽にAn Diの味が楽しめるようになります。



nonpi A.R.U.公式サイト:https://nonpi-aru.com




nonpi A.R.U.とは


一ツ星を獲得した現役ミシュランシェフ田村亮介氏や三ツ星フレンチ[Jean-Georges本店]でスー・シェフを務めた米澤文雄氏などトップシェフとコラボする「プレミアムフローズンミール定期配送サービス」です。


「美味しいをもっと身近に、そしてたくさんの笑顔をふやす」という思いのもと、冷凍では再現困難とされていたトップシェフたちのメニューを商品化しました。また、安心して継続的にご利用いただけるよう、1食あたり500kcal以下、保存料不使用と、健康面にも配慮したメニューとなっています。


配送周期や配送食数はライフスタイルに合わせて選択可能なため、食卓にもう一品足したい共働きのパパママや、リモートワーク中に簡単でおいしいランチをとりたい一人暮らしの方など、どなたでも気軽にワンランク上の料理を楽しんでいただけます。


また、配送エリアはヤマト運輸の配送エリアと同じため、全国どこへでもお届け可能です。



nonpi A.R.U.公式サイト:https://nonpi-aru.com




​An Diとは


外苑前のモダンベトナム料理店。店名はベトナム語で「召し上がれ」を意味し、老舗フレンチ「レカン」のシェフ・ソムリエを務めたオーナー大越基裕氏が取り揃えた世界各国のワイン・日本酒と、フレンチの名店【レフェルヴェソンス】でスーシェフを務めた内藤千博氏の新感覚ベトナム料理のペアリングが楽しめる。






コラボの背景


nonpi A.R.U.は「フローズンミールの無限の可能性を探求し最高のジャパンクオリティを世界に届ける。」というミッションを掲げ、数年以内を目途に東南アジアを中心とした世界進出を予定しています。2022年6月30日のローンチ後は、このミッションに共感いただいた、No Codeの米澤文雄シェフ・慈華の田村亮介シェフ・四四A2の福島良篤シェフや、ノンピ総料理長の佐野昌之シェフらと15種類前後のオリジナルメニューを商品化し、全国にお届けして参りました。(2023年1月11日現在)



こうした取り組みに対し、An Di料理長の内藤千博シェフからも賛同いただき、今回のコラボが決定いたしました。そして、冷凍食品開発は同店初の試みとなります。




An Di料理長、内藤千博シェフ



何より惚れ込むエスニック料理とフレンチ技法を掛け合わせた逸品で届ける至極の食体験


An Di料理長 内藤千博


調理師学校を卒業後、創作系料理を得意とする西麻布【サイタブリア】で腕を磨き、その後、フレンチの名店【レフェルヴェソンス】で研鑽を積む。同店の生江史伸シェフから強い影響を受け、和の食材や発酵技術を用いる技も学ぶ。レフェルヴェソンスのペアリング監修を務めていた大越氏との出会いが契機となり、2018年春、An Diの料理長に就任。驚きと美味が詰まる新感覚のベトナム料理を繰り出す。




コラボメニュー詳細



ガイヤーン スパイス香るピーナッツソース


甘辛いタレに漬けた鶏肉を炭火焼きにしたタイの伝統料理・ガイヤーン。


じっくり漬け込み香ばしく焼き上げた鶏肉に、スパイスの香りを効かせた濃厚なピーナッツソースを合わせました。


甘辛さの中にもライムやスパイスの爽やかさが広がり、コク深く贅沢な味わいです。


副菜には、カリフラワーライスを使ったトムヤム風のリゾットなど、エスニック気分を盛り上げる個性豊かなラインナップを揃えました。



購入サイトはこちら:https://nonpi-aru.com/menus/all




nonpi A.R.U.の展望


日本政策投資銀行によると、東南アジアにおける冷凍食品市場は今後大きな成長が期待されているため、ヨーロッパなど先進国において、冷凍食品の需要を牽引した利便性、選択性、品質、調理の簡易性などへのニーズが、東南アジアなどの開発途上国でも今後高まると考えています。そのため、nonpi A.R.U.もそれに合わせて数年以内に東南アジアを中心とした世界進出を予定しております。



今回コラボしたAn Diメニューも世界各地へお届けできるようになりますので、ぜひご期待ください。





Comments


bottom of page