Company Vision

 

2003年、有限会社non piu fame(ノンピウファーメ)設立

【non piu fame】=【no more hungry】=【もう、腹ペコにさせない】

2007年、株式会社tokyo food consulting 設立

2010年、(有)non piu fameと(株)tokyo food consulting合併し

株式会社nonpi(ノンピ)とする

 

■企業理念

「健康は毎日の食事から。心身両面の健康に貢献する。」

「価格以上の価値を提供し、幸せを創造する。」

 

今や世の中では秒進分歩のスピードで進化し続けています。その時々のニーズに

対応してメニューやスタイルは変化するかもしれません。しかし、いつも真中にある想いは同じです。

 

食べる事は生きる事。毎日どのように、何を食べているかが、心身の健康を司っています。

時代と共に価値観は多様に変化して行きますが、その中で価格以上の価値、つまりヴァリューのある

(よりよい価値のある)商品を提供し続け、日々の幸せに貢献すること、それが我々の使命です。

 

■行動指針

「より良く、もっと良く」

私どもには「より良く、もっと良く」という行動指針があります。

これは現状に満足する事無く、更によりよくする事はできないか?ちょっとでも良くする可能性は無いか?

を自問自答し続け、単にお客様のお腹を満腹にするだけでは無く、いつ利用しても心も満足して頂ける。

そして、我々自身もより良く働ける、そんな内容に飽くなきチャレンジを続けています。

 

QSCからSCVFの時代へ

長く飲食業界では、QSC(Q:クオリティ S:サービス C:クレンリネス)が大事だと言われ続けてきました。

勿論どれも非常に大事なものです。しかし40年前に提唱されたこの価値が本当に変化していないでしょうか?

我々はお客様の立場にたって自分たちの役割を見つめ直しました。

 

SCVF

S:スピード  C:クレンリネス  V:ヴァリュー F:ファン!

この新たな4つの価値を追求して行こうと提唱しています。

 

S:スピード【Speed】

今の時代、時間はとても貴重なキーワードです。ひとりひとりに大事な時間。一分でも一秒でも有効に自分の時間を

使って戴きたい。その為に我々が出来る事を真剣に考え、お客様の時間を無駄にしない様に努力して参ります。

 

C:クレンリネス【Cleanliness】

お客様をお迎えするにあたり、清潔である事、衛生的である事は、まずもって欠く事のできないお客様との約束です。

あらゆる部分、店舗であれ、ユニホームであれ、車輛であれ、ホームページであれ、常に清潔に衛生的である事。

お客様を想うとき、それは自然とそうあるべきと考えます。

 

V:ヴァリュー【Value】

過去、Q:クオリティ(品質)を高めよと謳われた価値について、それは本当にお客様本意にだろうか?と疑問を抱きました。

クオリティを高める事は、自己満足のためではないか?そう思われてなりません。真にお客様の立場に立って考えた時、

その商品にヴァリュー(より高い価値)こそ重要ではないか?価格も含めた総合的な価値を高める事こそが重要だと考えます。

 

F:ファン【Fun】

最後のファン!は、以前のS:サービスにあたるものです。サービスを高めよう。つまり笑顔でお迎えしよう。とても良い事です。

しかし笑えと言われて笑えるのは役者さんくらいで、普通の人には真の笑顔は出せません。真の笑顔は、スタッフ自身が

心から楽しんでいる時に出るはずです。

我々は無理強いをスタッフにしたくありません。その代わりに笑顔になれる環境や楽しめる価値観、考え方を真剣に作って

行きたいと考えています。それがきっとお客様にとって真に楽しめる場になると信じているからです。

Have Fun! 心から楽しもう!!そう仲間達に声をかけ、真の笑顔でお出迎えしたいと考えています。

 

まだまだ至らぬ事の多い駆け出しのノンピですが、これからもどうぞ心よりの応援を賜ります様お願い申し上げます。

もし、何か我々のサービスに関してお気づきの点がございましたら、ぜひお聞かせ下さい。

改善に取り組んで参ります。

 

2015年8月31日   代表取締役社長   柿沼 寛之